752views

【5/20大会結果】関東インカレ1500m決勝、5000m予選

関東インカレ2日目は1500m決勝と5000m予選が行われました。

1500mでは昨日に引き続き見事に長距離ブロックでのポイント獲得を果たし、また弊サイトで収集を始めた2000年以降では初めて実施された5000m予選では、2名が決勝進出を果たしました。
ここまでのPB更新は39/120です。

1位 飯澤 千翔 (東海大) 03:44.44
2位 高村 比呂飛 (日体大) 03:45.54
3位 菖蒲 敦司 (早大) 03:45.54
4位 及川 瑠音 (東洋大) 03:45.99
5位 近藤 亨 (明大) 03:46.69
6位 吉田 海渡 (筑波大) 03:46.69
7位 馬場勇一郎 (明大) 03:47.04
8位 千守 倫央 (4) 03:47.11 PB
9位 油谷 航亮 (順大) 03:47.31
10位 間瀬田純平 (早大) 03:47.62
11位 都築 勇貴 (山梨学大) 03:49.20
12位 中野 倫希 (2) 03:52.36

一周目から間瀬田くんが積極的に飛び出しレースを引っ張ります。中野倫くんは前方、千守くんは後方スタートです。400m62秒、800mは2分ちょうどで更に早いペース。飯澤くんが引っ張る集団は一団で前を追い、ラスト一周手前で追いつきます。

ここからはスパート合戦で、中野倫くん千守くんとも後方で入賞ラインはどうかという展開でした。しかし千守くんは先日に引き続きここから良かったですね。ラストの直線付近から一気に3名をまくるラストスパートで8位入賞に滑り込み、更に今季2度目の1500mPBのおまけ付きです。中野倫くんは惜しかったですが、飛び出した間瀬田くんと共に積極性の光るレースでした。

トップの飯澤くんは冷静なレース運びで貫禄の優勝。世界記録派遣標準記録を狙っているとのことですが、そちらも期待したいと思います。

1位 三浦 龍司 (順大) 13:51.90 Q
2位 小林 竜也 (筑波大) 13:58.48 Q
3位 石井 一希 (順大) 13:58.56 Q
4位 富田 峻平 (明大) 13:58.57 Q
5位 小澤 大輝 (明大) 13:58.74 Q
6位 石塚 陽士 (早大) 14:00.13 Q
7位 溜池 一太 (1) 14:01.98 Q
8位 緒方澪那斗 (東洋大) 14:02.20 Q
9位 ボニフェス・ムルワ (山梨学大) 14:02.20 Q
10位 平島 龍斗 (日体大) 14:05.51 Q
11位 西村 真周 (東洋大) 14:11.92 q
12位 下尾 悠真 (日大) 14:12.02 q
13位 岩下 翔哉 (国士大) 14:18.07
14位 溝口 仁 (東海大) 14:38.40
15位 清水 郁杜 (法大) 14:39.18
16位 安倍 立矩 (慶大) 14:46.59
17位 伊東 夢翔 (1) 14:53.08
18位 嶋田 翔太 (流経大) 14:56.55

入学後から順調に実績を積み上げてきた5000m13分台ルーキー2名が出走です。伊東夢くんは序盤から積極的に前へ位置取り、溜池くんは対照的に後方スタートとなりました。レースは事前の予想通り三浦くんが終始引っ張り、そのためペースも早く推移し3000m手前では集団が大きく分かれる展開となりました。

溜池くんは徐々にポジションを上げてこの集団にしっかり付き、伊東夢くんはここで離れます。3000mから4000mの叩き合いでは集団が14名から8名まで絞られ、溜池くんは少し離れながらも9-10番手の着順内で前を追います。

ほぼ集団のままレースが進みますが、三浦くんがラスト一周手前のスパートで後ろを大きく突き放し1着フィニッシュ。その後はやや混戦模様となり、溜池くんもラストスパートで前の集団にいた選手を数名交わして7位、着順でしっかり決勝に残りました。レース全体を見渡しての位置取りや離されてからの粘り、安定感やラストのキレなどやはり強い選手ですね。

伊東夢くんは序盤のハイペースから跳ね返されましたが、ルーキーイヤーの関東インカレという経験は今後に生きていくと思います。事実、糧にしてきた先輩が数多にいますからね。

1位 ムサンガ・ゴッドフリー (駿河台大) 14:08.28 Q
2位 九嶋 恵舜 (東洋大) 14:10.42 Q
3位 中野 翔太 (3) 14:11.42 Q
4位 山口 智規 (早大) 14:11.66 Q
5位 廣澤 優斗 (日体大) 14:11.80 Q
6位 松永 伶 (法大) 14:11.91 Q
7位 伊藤 大志 (早大) 14:12.02 Q
8位 松岡 竜矢 (日大) 14:12.20 Q
9位 東泉 大河 (駿河台大) 14:12.56 Q
10位 平山 大雅 (筑波大) 14:13.85 Q
11位 漆畑 瑠人 (明大) 14:14.56 q
12位 藤島 幹大 (順大) 14:16.64 q
13位 髙田 尚暉 (山梨学大) 14:21.54
14位 森田 剛史 (慶大) 14:30.41
15位 山本 龍神 (国士大) 14:31.22
16位 徳丸 寛太 (東海大) 14:32.33
17位 三角 隼人 (流経大) 14:41.55
18位 鈴木 天智 (東海大) 14:46.79
19位 森川 蒼太 (流経大) 14:46.80
20位 溝上 賢伸 (日体大) 14:48.37
21位 生駒 直幸 (国士大) 14:52.68
22位 滝澤 愛弥 (日大) 15:14.29

この組はファンからの信頼厚い中野翔くんが後方スタートも、展開がスローと見るや否やすかさず前方へすっとポジションを上げました。序盤はゴッドフリーくんや日大ルーキー滝澤くんなどがペースを作ります。

その後も3000mまでキロ2分50秒を越えるペースで、中野翔くんは前方を維持します。8分40秒通過は1組との比較で15秒前後遅い通過。

ここからゴッドフリーくんと九嶋くんが飛び出し、集団がそれを追う展開に。中野翔くんは僅かの間集団で走りますが、すぐに前を追い取り付きます。

ここからは3名とその他集団の叩き合いという展開が最後まで続きました。中野翔くんは余裕を持って3着フィニッシュ。位置取りや間の詰め方、展開の読みなど言う事無しですね。決勝でのポイント獲得も期待できそうな見事な走りです。

山口 智規 (早大)
九嶋 恵舜 (東洋大)
溜池 一太 (1)
東泉 大河 (駿河台大)
漆畑 瑠人 (明大)
松岡 竜矢 (日大)
ボニフェス・ムルワ (山梨学大)
三浦 龍司 (順大)
下尾 悠真 (日大)
廣澤 優斗 (日体大)
石井 一希 (順大)
富田 峻平 (明大)
石塚 陽士 (早大)
ムサンガ・ゴッドフリー(駿河台大)
中野 翔太 (3)
西村 真周 (東洋大)
伊藤 大志 (早大)
小澤 大輝 (明大)
藤島 幹大 (順大)
小林 竜也 (筑波大)
緒方澪那斗 (東洋大)
松永 伶 (法大)
平島 龍斗 (日体大)
平山 大雅 (筑波大)