970views

【5/20大会結果】第100回関東インカレ1日目

Sponsored Link

遂に第100回、節目を数える関東インカレが開幕しました。ハーフマラソンは例年通り4日目朝かと思っていましたが、変則的なコースということもあり初日の第1種目でしたね。

ハーフマラソンから開幕した今年のインカレ初日は、トラックシーズン後のチームの状態を考えればかなり良い流れだったなという印象です。

Sponsored Link

関東インカレ男子1部ハーフマラソン

※ 20.8km非公認コース

1位 ライモイ ヴィンセント (国士大) 1:01:13
2位 チャールズ ドゥンク (日大) 1:01:14
3位 ポール オニエゴ (山梨学大) 1:01:15
4位 四釜 峻佑 (順大) 1:02:26
5位 河田 太一平 (法大) 1:02:41
6位 佐藤 航希 (早大) 1:02:53
7位 津田 将希 (順大) 1:02:54
8位 倉田 健太 (4) 1:02:55 1P
9位 清家 陸 (法大) 1:03:01
10位 佐藤 真優 (東洋大) 1:03:17
11位 清水 悠雅 (国士大) 1:03:17
12位 加藤 広之 (日体大) 1:03:20
13位 前田 義弘 (東洋大) 1:03:38
14位 田井野悠介 (3) 1:03:39
15位 近藤 亮太 (順大) 1:03:43
16位 竹村 拓真 (東海大) 1:03:45
17位 田島 公太郎 (慶大) 1:03:51
18位 岡嶋 翼 (日体大) 1:03:54
19位 山本 唯翔 (城西大) 1:04:07
20位 入田 優希 (東海大) 1:04:18
21位 湯浅 仁 (2) 1:04:27
22位 野村 颯斗 (城西大) 1:04:31
23位 蝦夷森章太 (東洋大) 1:04:32
24位 向井 悠介 (早大) 1:04:46
25位 疋田 和直 (日大) 1:04:52
26位 松尾 昂来 (東海大) 1:04:55
27位 篠原 楓 (山梨学大) 1:04:57
28位 盛本 聖也 (日体大) 1:04:59
29位 小島 大輝 (城西大) 1:05:01
30位 伊藤 太貴 (筑波大) 1:05:01
31位 今井 隆生 (駿河台大) 1:05:03
32位 島津 裕太 (山梨学大) 1:05:16
33位 武田悠太郎 (日大) 1:05:40
34位 河合 陽平 (早大) 1:06:05
35位 永井 竜二 (駿河台大) 1:06:14
36位 貝川 裕亮 (慶大) 1:06:29
37位 田尻 健 (駿河台大) 1:06:46
38位 印藤 剛 (慶大) 1:07:17
39位 島村 広大 (国士大) 1:08:10

とにかく11年ぶりのハーフ入賞となる倉田くんの8位は殊勲賞ものですね。
ここ半年はかなり調子が悪く思い悩む日々だったようですが、それらを乗り越えての素晴らしい結果です。レース途中では先頭を引っ張る場面もありました。

田井野くんはやや早めに離れたかと思いきや、しっかり粘れていてこれも流石の走り。
湯浅くんは残り1~2周くらいで辛くなったでしょうか。距離を踏んで良い流れで来ていたと思いますので、また切り替えてほしいと思います。

1位 小島 優作 (順大) 03:48.06 Q
2位 菖蒲 敦司 (早大) 03:48.24 Q
3位 山田 俊輝 (2) 03:48.37 Q
4位 居田 優太 (2) 03:48.89 PB Q

5位 村本 龍彦 (山梨学大) 03:49.11 Q
6位 山本 起弘 (日大) 03:49.15
7位 梅谷 康太 (流経大) 03:49.57
8位 林 晃耀 (城西大) 03:50.62
9位 都築 勇貴 (山梨学大) 03:52.34
10位 廣澤 優斗 (日体大) 03:53.36
11位 吉田 海渡 (筑波大) 03:54.16
12位 増田 涼太 (東洋大) 03:55.06
13位 福田 翔哉 (駿河台大) 03:55.43
14位 安倍 立矩 (慶大) 03:56.37
15位 溝口 仁 (東海大) 03:56.53
16位 飯澤 千翔 (東海大) 03:58.74
17位 北野 大輔 (法大) 04:04.66

5着プラス2で決勝を狙うレースとしてはほぼ完璧でしたね。特に自身のPBを更に更新する流れで4位に入った居田くんは、中程付近からのスパート見事でした。山田くんの位置取りもかなり良かったと思います。

Sponsored Link

関東インカレ男子1部1500m2組

1位 三浦 龍司 (順大) 03:46.29 Q
2位 小林 竜也 (筑波大) 03:48.36 Q
3位 花牟礼隆太 (東海大) 03:48.38 Q
4位 中野 倫希 (1) 03:48.66 Q
5位 清野 太成 (駿河台大) 03:48.75 Q
6位 石塚 陽士 (早大) 03:48.85 q
7位 甲木 康博 (東洋大) 03:49.01 q
8位 佐藤 慎巴 (日体大) 03:49.04
9位 半澤 黎斗 (早大) 03:49.26
10位 加藤 大成 (山梨学大) 03:49.30
11位 田中 蒼大 (筑波大) 03:49.58
12位 油谷 航亮 (順大) 03:50.02
13位 腰塚 遥人 (東洋大) 03:50.70
14位 河野 慶太 (慶大) 03:51.45
15位 栗原 直央 (城西大) 03:53.69
16位 中島 弘太 (国士大) 03:58.28

中野倫くんも積極的で良かったですね。ラスト200を切った辺りのトップに躍り出るロングスパートでおおっと思いましたが、さすがに三浦くんのスパートに離されました。
1年生から大舞台の決勝に進むことに、自信を持って臨んでほしいと思います。

1位 サムソン ディランゴ (流経大) 28:01.80
2位 石原翔太郎 (東海大) 28:05.91
3位 ジェームズ ブヌカ (駿河台大) 28:13.96
4位 藤本 珠輝 (日体大) 28:18.52
5位 野村 優作 (順大) 28:19.01
6位 伊豫田達弥 (順大) 28:25.38
7位 鎌田 航生 (法大) 28:30.61
8位 中谷 雄飛 (早大) 28:38.45
9位 大畑 怜士 (日体大) 28:41.93
10位 松岡 竜矢 (日大) 28:44.85
11位 松倉 唯斗 (山梨学大) 28:46.35
12位 樋口 翔太 (日大) 28:46.70
13位 太田 直希 (早大) 28:47.39
14位 柏 優吾 (東洋大) 28:49.72
15位 西澤 侑真 (順大) 28:50.37
16位 木山 達哉 (山梨学大) 28:53.03
17位 若林 陽大 (3) 28:54.01 PB
18位 神薗 竜馬 (東海大) 29:16.66
19位 九嶋 恵舜 (東洋大) 29:19.31
20位 川上 有生 (法大) 29:22.15
21位 辻 文哉 (早大) 29:29.02
22位 濵地進之介 (東海大) 29:32.63
23位 荻原 陸斗 (国士大) 29:39.50
24位 森田 剛史 (慶大) 29:41.14
25位 森 凪也 (4) 29:42.04
26位 福谷 颯太 (筑波大) 29:51.79
27位 町田 康誠 (駿河台大) 30:01.77
28位 村越 凌太 (日体大) 30:04.04
29位 杉浦 慧 (慶大) 30:05.19
30位 藤井 正斗 (城西大) 30:15.78
31位 宮下 資大 (流経大) 30:17.74
32位 新山 舜心 (駿河台大) 30:19.08
33位 若山 岳 (日大) 30:19.29
34位 三代 和弥 (国士大) 30:37.67

10000mは森凪くんと若林くんが出走。事前レースの調子の良し悪しがそのまま明暗分かれる結果となってしまいました。

若林くんは早いうちから冷静に第2集団を形成し、その中ではかなり上位でフィニッシュ。持ちタイム上では格上の選手たちとも遜色ない位置ですね。
自身も遂に28分台の大台に突入し、ますます野村俊輔選手のようなオールラウンダーとなってきました。

一方の森凪くんは、4000m手前までは28分台前半ペースの集団に果敢に喰らいつくいつもの走りも、そこから後半の走りを見るに、まだ調子が上がりきっていない様子です。
あくまでチャレンジしての結果なので、全日本予選までは1月しかありませんが、浮上のきっかけを掴んで欲しいものです。

好調であれば当然最終組を担う人材ですが、例え4組出走が難しい状況であっても、彼の粘りは必ずチームの力になると思います。

Sponsored Link