659views

【9/9まで大会結果】ひろしまクロカン、日本インカレ1500m

合宿シーズンが終わり、再び熱い戦いの日々が戻ってきました。日本インカレ1500mは今期好調の千守くん、日本選手権ファイナリストに名を連ねた中野倫くん、大学デビュー戦後に着実に実績を重ねている吉中くんが出走しました。

ここまでのPBは64/120です・

1位 菊池 駿弥 (中国電力) 24:19
2位 相葉 直紀 (中電工) 24:44
3位 藤川 拓也 (中国電力) 24:49
4位 岩崎 大洋 (JFEスチール) 24:53
5位 池田 勘汰 (中国電力) 25:00
6位 上坂 優太 (JFEスチール) 25:09
7位 斉藤 翔太 (JFEスチール) 25:14
8位 大森 太楽 (中国電力) 25:17
9位 東 優汰 (中電工) 25:27
10位 堤 悠生 (JFEスチール) 25:35
11位 川平 浩之 (JFEスチール) 25:37
12位 今西 洸斗 (JFEスチール) 25:47
13位 山口 和也 (中国電力) 25:52
14位 岩田 拓海 (JFEスチール) 25:54
15位 岡本 直己 (中国電力) 25:57
16位 三上 雄太 (中国電力) 26:01
17位 畑中 大輝 (中電工) 26:07
18位 三ツ星 翔 (中電工) 26:20
19位 森宗 渚 (中国電力) 26:25
20位 松井 智靖 (中国電力) 26:51
21位 櫻井 亮也 (JFEスチール) 26:51
22位 井上 亮真 (中電工) 27:04
23位 松尾 修治 (中電工) 27:09
24位 岡原 仁志 (中電工) 27:10
25位 東 徹 (大和走友会) 28:43
26位 福田 昌哉 (広島県庁RC) 29:01
27位 柘植 翔太 30:15
28位 金谷 重人 33:13
29位 野田 一輝 (中電工) 36:08
30位 柴田 伸也 (SAT) 40:17
31位 原 宏治 (安芸高田市陸協) 44:36

1位 山﨑 優希 (広島経済大) 03:44.13 Q
2位 西川 魁星 (青山学院大) 03:44.24 Q
3位 高嶋 荘太 (環太平洋大) 03:44.37 q
4位 塩原 匠 (順天堂大) 03:44.63 q
5位 佐藤 圭汰 (駒澤大) 03:44.75 q
6位 小手川 聖修 (鹿屋体育大) 03:46.19 q
7位 小渕 稜央 (岐阜大) 03:46.84
8位 吉中 祐太 (1) 03:47.05 PB
9位 二宮 秀 (富山大) 03:47.52
10位 林 亮佑 (北海道大) 03:47.78
11位 山本 樹 (立正大) 03:50.99
12位 山崎 樹羅 (札幌学院大) 03:51.62
13位 佐藤 良祐 (関西学院大) 03:54.19
14位 石川 昌樹 (横浜国立大) 03:55.29

日本インカレ中距離種目の初戦は、最序盤から選手たちが勢いよく飛び出す速い展開。
吉中くんは後方スタートで、トップとは別に冷静にレースを進めているように見えました。予選通過はなりませんでしたが、そのラインをも伺う大舞台での大幅PBフィニッシュ。特に後半の追い上げは素晴らしかったです。
大学デビュー戦後は、非常に安定した成績が続いていますね。

1位 松本 颯真 (東海大) 03:44.12 Q
2位 近藤 亨 (明治大) 03:44.44 Q
3位 廣澤 優斗 (日本体育大) 03:44.94 q
4位 楠本 拓真 (大阪経済大) 03:47.62
5位 宇田川 瞬矢 (青山学院大) 03:48.78
6位 吉住 楓 (東京国際大) 03:49.08
7位 奥田 歩凪 (育英大) 03:50.59
8位 吉田 海渡 (筑波大) 03:52.85
9位 中嶋 光柾 (札幌学院大) 03:54.52
10位 木村 佑 (京都大) 03:59.54
11位 東 秀太 (広島経済大) 04:00.86
12位 山﨑 大空 (環太平洋大) 04:08.80

1位 千守 倫央 (4) 03:49.04 Q
2位 村本 龍彦 (山梨学院大) 03:49.62 Q
3位 栗原 直央 (城西大) 03:49.87
4位 馬場 勇一郎 (明治大) 03:49.89
5位 石川 心 (東洋大) 03:52.68
6位 片山 直人 (環太平洋大) 03:53.31
7位 花牟礼 隆太 (東海大) 03:53.70
8位 石丸 尚弥 (関西大) 03:54.67
9位 古川 啓太 (帝京大) 03:55.36
10位 小池 直己 (日本体育大) 03:57.05
11位 元村 航大 (育英大) 03:58.94
12位 田村 颯斗 (慶應義塾大) 03:59.41
13位 安里 良也 (沖縄大) 04:00.66

今期ここまで好調を維持している千守くんが3組に登場。
2組目までとは異なりやや落ち着いたペースでラスト一周までほぼ一団。徐々に位置取りを上げながらレースを進めます。1200m手前からギアを上げラスト150mで一気に先頭へ。中距離が主戦場の選手をも大きく引き離し、余裕をもって1着フィニッシュと見事な走りでした。

1位 中野 倫希 (2) 03:52.00 Q
2位 高橋 佑輔 (北海道大) 03:52.01 Q
3位 高村 比呂飛 (日本体育大) 03:52.01
4位 及川 瑠音 (東洋大) 03:52.52
5位 粟井 駿平 (京都産業大) 03:54.99
6位 川上 拓真 (九州共立大) 03:55.63
7位 大森 勇輝 (広島大) 03:56.96
8位 樋口 ワシリー (城西大) 03:57.06
9位 市林 佳育 (関西大) 03:57.50
10位 竹内 洸哉 (関西学院大) 03:57.52
11位 佐々木 克 (近畿大) 03:58.64
12位 小島 輝竜 (東京都立大) 04:01.03
13位 加藤 駆 (立教大) 04:01.92
14位 清水 浩介 (同志社大) 04:02.60

今期は日本選手権決勝へ駒を進めた中野倫くん、全体のペースが早くないこともあり、積極的な位置でレースを進めます。ラスト一周手前からペースの上げ下げがあるもしっかり対応。残り200mの叩きあいで一度は4位へ交代しますが、最後の直線50mほどの展開が見事でした。傍目には2位か3位かも…とも見えたのですが、執念のトルソーでフィニッシュ。見事1着で予選通過です。

1位 飯澤 千翔 (東海大) 03:49.13 Q
2位 油谷 航亮 (順天堂大) 03:49.39 Q
3位 濱口 直人 (創価大) 03:50.53
4位 鈴木 雄登 (中京大) 03:50.65
5位 一ノ瀬 結人 (皇學館大) 03:51.34
6位 竹岡 大 (東京工業大) 03:51.86
7位 櫻井 晃平 (佛教大) 03:52.87
8位 山林 レオ (上武大) 03:53.42
9位 吉崎 舜 (関西学院大) 03:53.93
10位 清原 陸 (京都大) 03:54.60
11位 ミラー千本 真章 (立教大) 03:55.00
12位 大野 雅也 (日本大) 03:55.92
13位 大栁 達哉 (札幌学院大) 03:59.17
14位 野村 洸翔 (東京海洋大) 04:09.54

1位 飯澤 千翔 (東海大) 03:45.33
2位 千守 倫央 (4) 03:46.08
3位 中野 倫希 (2) 03:46.23

4位 高橋 佑輔 (北海道大) 03:46.50
5位 近藤 亨 (明治大) 03:47.00
6位 山﨑 優希 (広島経済大) 03:47.48
7位 佐藤 圭汰 (駒澤大) 03:47.61
8位 廣澤 優斗 (日本体育大) 03:48.16
9位 油谷 航亮 (順天堂大) 03:49.15
10位 西川 魁星 (青山学院大) 03:49.58
11位 小手川 聖修 (鹿屋体育大) 03:52.72
12位 塩原 匠 (順天堂大) 03:54.60
13位 村本 龍彦 (山梨学院大) 03:54.84
14位 松本 颯真 (東海大) 03:55.22
15位 高嶋 荘太 (環太平洋大) 04:06.97

決勝の舞台は勝負レースということでスローめのスタート。その中でも注目されていた飯澤くんは前方へ位置取り、佐藤くんもあがってきます。中野倫くんと千守くん、また注目株の高橋くんは後半スタートで様子見。
千守くんが2周目あたりからするっと前へ出ていくと、中野倫くんも対応し2名とも前方の好位置をキープ、4-5番手でラスト一周です。
飯澤くんのスパートに佐藤くんがぴったりつけ、更には200m手前で千守くん中野倫くんが仕掛け前へ出ようとしますが、飯澤くんが譲りません。ラストも流石に切れる飯澤くんがそのままフィニッシュで貫禄の優勝。位置取りや仕掛けのタイミングがほぼ完璧だった千守くん中野倫くんは、揃って嬉しい表彰台です。

千守くんは男鹿駅伝からの流れもよく、かつ夏合宿でもしっかり練習が積めていたように見えましたので、本人のコメント通り出雲主要区間の出走もありそうですね。気迫の予選通過を見せた中野倫くんが、良い時のレースを大舞台の決勝で展開できたのも良かったです。