549views

【4/29大会結果】織田記念陸上5000m

織田記念陸上に中野翔くんとOB選手たちが出走しました。

午前から午後始めあたりは雨が強く一時大会が中断・ライブ配信も途切れるなど荒天だった模様です。5000mの時間帯も風があり決して良コンディションではなかったようですが、特にA組は見ごたえある良いレースでした。

第56回織田幹雄記念国際陸上競技大会 B決勝GP種目男子5000m

1位 NGANGA WAWERU (中国電力) 13:57.60
2位 大森 太楽 (中国電力) 13:59.19
3位 風岡 永吉 (JFEスチール) 13:59.68
4位 大隅 裕介 (マツダ) 14:01.61
5位 ジョンソン モゲニ (遊学館高) 14:11.80
6位 森下 翔太 (明治大) 14:15.97
7位 森宗 渚 (中国電力) 14:16.06
8位 三上 雄太 (中国電力) 14:18.60
9位 大森 樹 (JFEスチール) 14:21.74
10位 寺嶌 渓一 (JFEスチール) 14:22.46
11位 向 晃平 (マツダ) 14:23.74
12位 山本 雄大 (マツダ) 14:26.30
13位 堤 悠生 (JFEスチール) 14:28.16
14位 福永 恭平 (広島経済大) 14:29.10
15位 川平 浩之 (JFEスチール) 14:30.52
16位 池田 勘汰 (中国電力) 14:32.03
17位 岩崎 大洋 (JFEスチール) 14:32.09
18位 兼実 省伍 (中国電力) 14:33.36
19位 中島 大就 (中国電力) 14:34.45
20位 斉藤 翔太 (JFEスチール) 14:34.65
21位 秋山 雄飛 (トップギア広島) 14:35.10
22位 松井 智靖 (中国電力) 14:38.81
23位 JOHN MWANIKI (中国電力) 14:40.55
24位 今西 洸斗 (JFEスチール) 14:43.05
25位 畑中 大輝 (中電工) 14:44.39
26位 岩田 拓海 (JFEスチール) 14:47.25
27位 新迫 志希 (中国電力) 14:58.08
28位 櫻井 亮也 (JFEスチール) 15:18.48

1位 三浦 龍司 (順天堂大) 13:32.42
2位 松枝 博輝 (富士通) 13:33.18
3位 COSMAS MWANGI (中国電力) 13:33.41
4位 砂岡 拓磨 (コニカミノルタ) 13:33.97
5位 DANIEL Ndiritu (大分東明高) 13:35.44
6位 茂木 圭次郎 (旭化成) 13:43.76
7位 石井 優樹 (NTT西日本) 13:45.26
8位 塩尻 和也 (富士通) 13:46.07
9位 市田 孝 (旭化成) 13:46.43
10位 坂東 悠汰 (富士通) 13:47.35
11位 中野 翔太 (3) 13:47.72
12位 小袖 英人 (Honda) 13:50.35
13位 服部 弾馬 (トーエネック) 13:51.78
14位 池田 耀平 (カネボウ) 13:52.62
15位 伊豫田 達弥 (順天堂大) 13:52.81
16位 中西 玄気 (愛三工業) 13:54.80
17位 市村 朋樹 (サンベルクス) 13:57.00
18位 梶谷 瑠哉 (SUBARU) 13:57.50
19位 丸山 竜也 (トヨタ自動車) 13:58.15
20位 松村 陣之助 (コモディイイダ) 14:01.54
21位 塩澤 稀夕 (富士通) 14:02.49
22位 石川 裕之 (愛三工業) 14:07.63
23位 川瀬 翔矢 (Honda) 14:08.93
24位 太田 智樹 (トヨタ自動車) 14:09.22
25位 藤井 寛之 (愛三工業) 14:11.72
26位 藤川 拓也 (中国電力) 14:13.16
27位 YEGO Evans kiptoo (サンベルクス) 14:13.24
28位 鈴木 勝彦 (SUBARU) 14:19.92
29位 福本 真大 (九電工) 14:23.07
30位 岡本 直己 (中国電力) 14:26.25
31位 小田部 真也 (黒崎播磨) 14:33.71
DNF 上野 裕一郎 (セントポールクラブ)

入りの400mが60秒を切るなどかなりハイペース、序盤から縦長の展開になりました。
中野翔くんは中程からやや後ろのスタートで、1600m前後まで進みました。
1000mは2:40、2000mは5:23で通過。この辺りから中程へポジションを上げてきます。
3000m通過時点では先頭の集団から少し間が開いたものの、8分9秒とでPBペースで通過しました。
ここからも先頭との間を詰めながら、ポジション取りを少しずつ上げていく展開で、ラスト2周までは7-8番手と入賞圏内につけていました。ここからは映像で見切れてしまいましたが、ラストにかけて後ろの小集団の選手に交わされたようです。
おそらく4000mを11分を切るくらいで通過したと思われますので、PBまでもう一粘りといったところでしょうか。

しかし大舞台の安定感やハイペースでの位置取り・ポジション上昇など、見ごたえあるレースを見せてくれました。素晴らしかったと思います。

レース後半は砂岡選手の追い上げや三浦くん・松枝選手のラストスパートが光りましたね。ムワンギ選手を最後の直線で交わしてのフィニッシュは見事でした。

5/4のGGNは三浦くんこそ出走しませんが、コンデイションが整えば更に好記録が期待できそうです。